7.15.33. vector_size

7.15.33.1. 概要

バージョン 5.0.3 で追加.

vector_size はベクターカラムのサイズを返します。

この関数を有効にするには、以下のコマンドで functions/vector プラグインを登録します。:

plugin_register functions/vector

7.15.33.2. 構文

vector_size は引数を一つだけとります。 それは target です。

vector_size(target)

7.15.33.3. 使い方

使い方を示すために使うスキーマ定義とサンプルデータは以下の通りです。

サンプルスキーマ:

実行例:

table_create Memos TABLE_HASH_KEY ShortText
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]
column_create Memos tags COLUMN_VECTOR ShortText
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]

サンプルデータ:

実行例:

load --table Memos
[
{"_key": "Groonga",          "tags": ["Groonga"]},
{"_key": "Rroonga",          "tags": ["Groonga", "Ruby"]},
{"_key": "Nothing"}
]
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], 3]

vector_size 関数が tag カラムの値とそのサイズを返す例です。

実行例:

select Memos --output_columns 'tags, vector_size(tags)'
# [
#   [
#     0,
#     1337566253.89858,
#     0.000355720520019531
#   ],
#   [
#     [
#       [
#         3
#       ],
#       [
#         [
#           "tags",
#           "ShortText"
#         ],
#         [
#           "vector_size",
#           null
#         ]
#       ],
#       [
#         [
#           "Groonga"
#         ],
#         1
#       ],
#       [
#         [
#           "Groonga",
#           "Ruby"
#         ],
#         2
#       ],
#       [
#         [],
#         0
#       ]
#     ]
#   ]
# ]

7.15.33.4. 引数

必須の引数は1つです。

7.15.33.4.1. target

select 対象の table に指定されたテーブルのベクターカラムを指定します。

7.15.33.5. 戻り値

vector_size は対象のベクターカラムのサイズを返します。