7.25.1. 概要

7.25.1.1. 概要

Groongaをライブラリーとして使うことができます。Groongaを初期化・終了するために次のAPIを使う必要があります。

grn_init() はGroongaを初期化します。一方、 grn_fin() はGroongaを終了します。

Groongaが提供するAPIを使う前に grn_init() を1度だけ呼ぶ必要があります。Groongaが提供するAPIを呼び終わったら、 grn_fin() を1度だけ呼ぶ必要があります。

7.25.1.2.

以下はGroongaを全文検索ライブラリーとして使う例です。

grn_rc rc;
/* It initializes resources used by Groonga. */
rc = grn_init();
if (rc != GRN_SUCCESS) {
  return EXIT_FAILURE;
}
/* Some Groonga API calling codes... */
/* It releases resources used by Groonga. */
grn_fin();
return EXIT_SUCCESS;

7.25.1.3. リファレンス

grn_rc grn_init(void)

grn_init() はGroongaが使うリソースを初期化します。他のGroongaのAPIを呼ぶ前に1度だけこれを呼ぶ必要があります。

戻り値

成功時は GRN_SUCCESS 、エラー時は GRN_SUCCESS 以外。

grn_rc grn_fin(void)

grn_fin() はGroongaが使ったリソースを解放します。 grn_fin() を呼んだ後はGroongaのAPIを呼ぶことはできません。

戻り値

成功時は GRN_SUCCESS 、エラー時は GRN_SUCCESS 以外。