7.3.28. log_level

7.3.28.1. 概要

log_level コマンドはGroongaのログレベルを設定します。

7.3.28.2. 構文

log_level level

7.3.28.3. 使い方

log_level warning
[true]

7.3.28.4. 引数

level

ログレベル(1文字)もしくはログレベルを表す文字列を指定します。

エイリアス

E

emerge もしくは emergency

A

alert

C

crit もしくは critical

e

error

w

warn もしくは warning

n

notice

i

info

d

debug

-

dump

実行例:

emergency
alert
critical
error
warning
notice
info
debug

7.3.28.5. 戻り値

log_level コマンドはログレベルの設定に成功したかどうかを返します。:

[HEADER, SUCCEEDED_OR_NOT]

HEADER

HEADER については 出力形式 を参照してください。

SUCCEEDED_OR_NOT

コマンドの実行が成功するとtrueを返します。失敗するとエラーとしてfalseを返します。

7.3.28.6. 参考

log_put log_reopen