7.15.12. in_values

7.15.12.1. 概要

バージョン 4.0.7 で追加.

in_values は 複数の OR== を使っているクエリを簡略化できます。複数の OR== を使うよりは in_values を使うのがパフォーマンスの観点からおすすめです。

7.15.12.2. 構文

in_values には2つ以上の引数を指定する必要があります。 target_value を1つと 1つ以上の value を指定します。

in_values(target_value, value1, ..., valueN)
in_values(target_value, value1, ..., valueN, {"option": "value of option"}

7.15.12.3. 使い方

使い方を示すために使うスキーマ定義とサンプルデータは以下の通りです。

サンプルスキーマ:

実行例:

table_create Tags TABLE_PAT_KEY ShortText
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]
table_create Memos TABLE_HASH_KEY ShortText
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]
column_create Memos tag COLUMN_SCALAR ShortText
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]
column_create Tags memos_tag COLUMN_INDEX Memos tag
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]

サンプルデータ:

実行例:

load --table Memos
[
{"_key": "Groonga is fast",          "tag": "groonga"},
{"_key": "Mroonga is fast",          "tag": "mroonga"},
{"_key": "Rroonga is fast",          "tag": "rroonga"},
{"_key": "Droonga is fast",          "tag": "droonga"},
{"_key": "Groonga is a HTTP server", "tag": "groonga"}
]
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], 5]

in_values 関数を使って tag カラムの値が "groonga" 、 "mroonga" あるいは "droonga" であるものを選択する例を示します。

実行例:

select Memos --output_columns _key,tag --filter 'in_values(tag, "groonga", "mroonga", "droonga")' --sort_keys _id
# [
#   [
#     0,
#     1337566253.89858,
#     0.000355720520019531
#   ],
#   [
#     [
#       [
#         4
#       ],
#       [
#         [
#           "_key",
#           "ShortText"
#         ],
#         [
#           "tag",
#           "ShortText"
#         ]
#       ],
#       [
#         "Groonga is fast",
#         "groonga"
#       ],
#       [
#         "Mroonga is fast",
#         "mroonga"
#       ],
#       [
#         "Droonga is fast",
#         "droonga"
#       ],
#       [
#         "Groonga is a HTTP server",
#         "groonga"
#       ]
#     ]
#   ]
# ]

クエリを実行すると、"rroonga"を除いた結果を得られます。"rroonga"は in_values には指定していないからです。

また、 in_values はオプションも指定できます。現在は、 too_many_index_match_ratio のみ指定できます。この値は、 double 型です。

too_many_index_match_ratio を使って、 GRN_IN_VALUES_TOO_MANY_INDEX_MATCH_RATIO の値を変更できます。GRN_IN_VALUES_TOO_MANY_INDEX_MATCH_RATIO のデフォルト値は 0.01 です。GRN_IN_VALUES_TOO_MANY_INDEX_MATCH_RATIO は、 in_values がインデックスを使うかどうかを決定するために使います。

in_values とANDで絞り込むと予想されるレコード数よりも、絞り込んだレコード数が十分に小さい場合は、インデックスを使った検索より、シーケンシャルサーチの方が速いことがあります。

例えば、 --filter でレコードを絞り込んだあと、さらに in_values で絞り込むとします。

デフォルトでは、以下のケースでは、 in_values はシーケンシャルサーチを使います。

  1. --filter で絞り込んだレコード数が1000で in_values 対象のレコード数が500,000の場合。

    1,000/500,000 = 0.002 < 0.01(GRN_IN_VALUES_TOO_MANY_INDEX_MATCH_RATIO) -> in_values use sequential search.
    

一方、以下のケースでは、 in_values はインデックスを使います。

  1. --filter で絞り込んだレコード数が1000で in_values 対象のレコード数が50,000の場合。

    1,000/50,000 = 0.02 > 0.01(GRN_IN_VALUES_TOO_MANY_INDEX_MATCH_RATIO) -> in_values use index.
    

in_values のオプションを設定するクエリーは以下の通りです。:

実行例:

select Memos --output_columns _key,tag --filter 'in_values(tag, "groonga", "mroonga", "droonga", {"too_many_index_match_ratio":0.001})' --sort_keys _id
# [
#   [
#     0,
#     1337566253.89858,
#     0.000355720520019531
#   ],
#   [
#     [
#       [
#         4
#       ],
#       [
#         [
#           "_key",
#           "ShortText"
#         ],
#         [
#           "tag",
#           "ShortText"
#         ]
#       ],
#       [
#         "Groonga is fast",
#         "groonga"
#       ],
#       [
#         "Mroonga is fast",
#         "mroonga"
#       ],
#       [
#         "Droonga is fast",
#         "droonga"
#       ],
#       [
#         "Groonga is a HTTP server",
#         "groonga"
#       ]
#     ]
#   ]
# ]

7.15.12.4. 引数

二つ以上の引数が必須です。 target_valule と 1つ以上の value です。

7.15.12.4.1. target_value

select 対象の table に指定されたテーブルのカラムを指定します。

7.15.12.4.2. value

選択したいカラムの値を指定します。

7.15.12.4.3. {"option": "value of option"}

in_values のオプションを指定します。現在は、 too_many_index_match_ratio のみ指定できます。この値は、 double 型です。

7.15.12.5. 戻り値

in_values は対象となるカラムに指定した値が含まれるかを返します。

もし該当するレコードがあれば、 true を返します。そうでなければ false を返します。