7.3.60. table_list

7.3.60.1. 概要

table_list - DBに定義されているテーブルをリスト表示

Groonga組込コマンドの一つであるtable_listについて説明します。組込コマンドは、groonga実行ファイルの引数、標準入力、またはソケット経由でgroongaサーバにリクエストを送信することによって実行します。

table_listは、DBに定義されているテーブルのリストを表示します。

7.3.60.2. 構文

table_list

7.3.60.3. 使い方

実行例:

table_list
# [
#   [
#     0,
#     1337566253.89858,
#     0.000355720520019531
#   ],
#   [
#     [
#       [
#         "id",
#         "UInt32"
#       ],
#       [
#         "name",
#         "ShortText"
#       ],
#       [
#         "path",
#         "ShortText"
#       ],
#       [
#         "flags",
#         "ShortText"
#       ],
#       [
#         "domain",
#         "ShortText"
#       ],
#       [
#         "range",
#         "ShortText"
#       ],
#       [
#         "default_tokenizer",
#         "ShortText"
#       ],
#       [
#         "normalizer",
#         "ShortText"
#       ]
#     ]
#   ]
# ]

7.3.60.4. 引数

ありません。

7.3.60.5. 戻り値

テーブル名一覧が以下の形式で返却されます。:

[[[テーブル情報名1,テーブル情報型1],...], テーブル情報1,...]

テーブル情報名n

テーブル情報n には複数の情報が含まれますが、そこに入る情報がどんな内容かを示す名前を出力します。 情報名は以下の通りです。

id

テーブルオブジェクトに割り当てられたID

name

テーブル名

path

テーブルのレコードを格納するファイル名

flags

テーブルのflags属性

domain

主キー値の属する型

range

valueが属する型

テーブル情報型n

テーブル情報の型を出力します。

テーブル情報n

テーブル情報名n で示された情報の配列を出力します。 情報の順序は テーブル情報名n の順序と同じです。