4.8. パトリシア木による前方一致検索#

Groongaのテーブルは、テーブル作成時にパトリシア木オプションを指定すると、前方一致検索を行うことができます。

また、追加のオプションを指定することにより、主キーの後方一致検索をも行うことができます。

4.8.1. 主キーによる前方一致検索#

table_createコマンドのflagsオプションにTABLE_PAT_KEYを指定することで、主キーによる前方一致検索ができるようになります。

実行例:

table_create --name PatPrefix --flags TABLE_PAT_KEY --key_type ShortText
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]
load --table PatPrefix
[
{"_key":"James"}
{"_key":"Jason"}
{"_key":"Jennifer"},
{"_key":"Jeff"},
{"_key":"John"},
{"_key":"Joseph"},
]
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], 6]
select --table PatPrefix --query _key:^Je
# [
#   [
#     0,
#     1337566253.89858,
#     0.000355720520019531
#   ],
#   [
#     [
#       [
#         2
#       ],
#       [
#         [
#           "_id",
#           "UInt32"
#         ],
#         [
#           "_key",
#           "ShortText"
#         ]
#       ],
#       [
#         3,
#         "Jennifer"
#       ],
#       [
#         4,
#         "Jeff"
#       ]
#     ]
#   ]
# ]

4.8.2. 主キーによる後方一致検索#

table_createコマンドのflagsオプションにTABLE_PAT_KEYとKEY_WITH_SISを指定することで、主キーによる前方一致検索・後方一致検索の両方が可能となります。

KEY_WITH_SISフラグを付与すると、データを追加する際に後方一致用のレコードも追加されてしまいます。そのため、単純に検索すると、元のレコードに加えて自動的に追加されたレコードまでヒットしてしまいます。元のレコードのみ検索するために、一工夫必要になります。

例えば、元のレコードと自動的に追加されたレコードとの区別をつけるために、元のレコードであることを示すoriginalカラムを追加して、検索時にはoriginalカラムが true も検索条件に加えます。 --query オプションでは Bool 型の値を直感的に指定することができないので --filter オプションを使っていることに注意してください。

実行例:

table_create --name PatSuffix --flags TABLE_PAT_KEY|KEY_WITH_SIS --key_type ShortText
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]
column_create --table PatSuffix --name original --type Bool
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], true]
load --table PatSuffix
[
{"_key":"ひろゆき","original":true},
{"_key":"まろゆき","original":true},
{"_key":"ひろあき","original":true},
{"_key":"ゆきひろ","original":true}
]
# [[0, 1337566253.89858, 0.000355720520019531], 4]
select --table PatSuffix --query _key:$ゆき
# [
#   [
#     0,
#     1337566253.89858,
#     0.000355720520019531
#   ],
#   [
#     [
#       [
#         4
#       ],
#       [
#         [
#           "_id",
#           "UInt32"
#         ],
#         [
#           "_key",
#           "ShortText"
#         ],
#         [
#           "original",
#           "Bool"
#         ]
#       ],
#       [
#         3,
#         "ゆき",
#         false
#       ],
#       [
#         2,
#         "ろゆき",
#         false
#       ],
#       [
#         5,
#         "まろゆき",
#         true
#       ],
#       [
#         1,
#         "ひろゆき",
#         true
#       ]
#     ]
#   ]
# ]
select --table PatSuffix --filter '_key @$ "ゆき" && original == true'
# [
#   [
#     0,
#     1337566253.89858,
#     0.000355720520019531
#   ],
#   [
#     [
#       [
#         2
#       ],
#       [
#         [
#           "_id",
#           "UInt32"
#         ],
#         [
#           "_key",
#           "ShortText"
#         ],
#         [
#           "original",
#           "Bool"
#         ]
#       ],
#       [
#         5,
#         "まろゆき",
#         true
#       ],
#       [
#         1,
#         "ひろゆき",
#         true
#       ]
#     ]
#   ]
# ]