2.3. Debian GNU/Linux

このセクションではDebian GNU/Linux上でGroonga関連のdebパッケージをインストールする方法を説明します。これらのパッケージは apt でインストールできます。

32-bit用と64-bit用のパッケージを配布していますが、サーバ用途には64-bitパッケージを利用することをオススメします。32-bit用パッケージはテスト用か開発用にだけ使って下さい。32-bit用パッケージを使った場合は、中程度のサイズのデータでもメモリ不足エラーになることがあります。

2.3.1. jessie

バージョン 5.0.3 で追加.

Groongaのaptリポジトリを追加します。

/etc/apt/sources.list.d/groonga.list:

deb https://packages.groonga.org/debian/ jessie main
deb-src https://packages.groonga.org/debian/ jessie main

インストール:

% sudo apt-get install apt-transport-https
% sudo apt-get update
% sudo apt-get install -y --allow-unauthenticated groonga-keyring
% sudo apt-get update
% sudo apt-get install -y -V groonga

注釈

groonga パッケージは全文検索のための最小構成パッケージです。Groongaをサーバー用途で使うなら、設定済みの追加パッケージをインストールすることができます。

サーバー用途のための2つのパッケージがあります。

  • groonga-httpd (nginxを元にしたHTTPサーバー)

  • groonga-server-gqtp (GQTPサーバー)

詳細は サーバー を参照してください。

MeCab をトークナイザーとして使いたいときは、groonga-tokenizer-mecabパッケージをインストールしてください。

groonga-tokenizer-mecabパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-tokenizer-mecab

TokenFilterStem をトークンフィルターとして使いたいときはgroonga-tokenizer-filter-stemパッケージをインストールしてください。

groonga-token-filter-stemパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-token-filter-stem

Munin プラグインを提供するパッケージもあります。MuninでGroongaの状態をモニターしたい場合は、groonga-munin-pluginsパッケージをインストールしてください。

groonga-munin-pluginsパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-munin-plugins

MySQL互換のノーマライザーをGroongaのプラグインとして提供するパッケージがあります。MySQL互換のノーマライザーを使うには groonga-normalizer-mysql パッケージをインストールしてください。

groonga-normalizer-mysqlパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-normalizer-mysql

注釈

Systemdをinitとして使っている場合、現在のバージョンのGroongaは自動起動サービスとしてインストール時に登録できません。groonga-httpdやgroonga-server-gqtpを自動起動サービスとして登録するには以下のコマンドを実行してください:

groonga-httpd向け:

% sudo systemctl enable groonga-httpd

groonga-server-gtqp向け:

% sudo systemctl enable groonga-server-gqtp

2.3.2. stretch

バージョン 7.0.5 で追加.

Groongaのaptリポジトリを追加します。

/etc/apt/sources.list.d/groonga.list:

deb https://packages.groonga.org/debian/ stretch main
deb-src https://packages.groonga.org/debian/ stretch main

インストール:

% sudo apt-get install apt-transport-https
% sudo apt-get update
% sudo apt-get install -y --allow-unauthenticated groonga-keyring
% sudo apt-get update
% sudo apt-get install -y -V groonga

注釈

groonga パッケージは全文検索のための最小構成パッケージです。Groongaをサーバー用途で使うなら、設定済みの追加パッケージをインストールすることができます。

サーバー用途のための2つのパッケージがあります。

  • groonga-httpd (nginxを元にしたHTTPサーバー)

  • groonga-server-gqtp (GQTPサーバー)

詳細は サーバー を参照してください。

MeCab をトークナイザーとして使いたいときは、groonga-tokenizer-mecabパッケージをインストールしてください。

groonga-tokenizer-mecabパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-tokenizer-mecab

TokenFilterStem をトークンフィルターとして使いたいときはgroonga-tokenizer-filter-stemパッケージをインストールしてください。

groonga-token-filter-stemパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-token-filter-stem

Munin プラグインを提供するパッケージもあります。MuninでGroongaの状態をモニターしたい場合は、groonga-munin-pluginsパッケージをインストールしてください。

groonga-munin-pluginsパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-munin-plugins

MySQL互換のノーマライザーをGroongaのプラグインとして提供するパッケージがあります。MySQL互換のノーマライザーを使うには groonga-normalizer-mysql パッケージをインストールしてください。

groonga-normalizer-mysqlパッケージのインストール:

% sudo apt-get install -y -V groonga-normalizer-mysql

注釈

Systemdをinitとして使っている場合、現在のバージョンのGroongaは自動起動サービスとしてインストール時に登録できません。groonga-httpdやgroonga-server-gqtpを自動起動サービスとして登録するには以下のコマンドを実行してください:

groonga-httpd向け:

% sudo systemctl enable groonga-httpd

groonga-server-gtqp向け:

% sudo systemctl enable groonga-server-gqtp

2.3.3. ソースからビルド

Debian jessieでGroongaをビルドするために必要なパッケージをインストールします:

% sudo apt-get install -y -V  wget tar build-essential pkg-config zlib1g-dev libmsgpack-dev libzmq3-dev libevent-dev libmecab-dev liblz4-dev

Debian stretchでGroongaをビルドするために必要なパッケージをインストールします:

% sudo apt-get install -y -V  wget tar build-essential pkg-config zlib1g-dev libmsgpack-dev libzmq3-dev libevent-dev libmecab-dev liblz4-dev libzstd-dev

ソースをダウンロードします:

% wget https://packages.groonga.org/source/groonga/groonga-7.0.8.tar.gz
% tar xvzf groonga-7.0.8.tar.gz
% cd groonga-7.0.8

configureを実行します( configure のオプションについては configure を参照してください):

% ./configure

ビルド:

% make -j$(grep '^processor' /proc/cpuinfo | wc -l)

インストール:

% sudo make install