2.1. Windows

このセクションではWindows上でGroongaをインストールする方法を説明します。Groongaをインストールするにはzipパッケージを展開する方法とインストーラーを実行する方法があります。

32-bit用と64-bit用のパッケージを配布していますが、サーバ用途には64-bitパッケージを利用することをオススメします。32-bit用パッケージはテスト用か開発用にだけ使って下さい。32-bit用パッケージを使った場合は、中程度のサイズのデータでもメモリ不足エラーになることがあります。

2.1.1. インストーラー

32-bit環境の場合は、x86のバイナリをpackages.groonga.orgからダウンロードしてください。

その後、バイナリを実行します。

64-bit環境の場合は、x64のバイナリをpackages.groonga.orgからダウンロードしてください。

その後、バイナリを実行します。

スタートメニュー内にあるコマンドプロンプトを使って groonga 実行ファイル を起動してください。

2.1.2. zip

32-bit環境の場合は、x86のzipアーカイブをpackages.groonga.orgからダウンロードしてください。

その後、アーカイブを展開します。

64-bit環境の場合は、x64のzipアーカイブをpackages.groonga.orgからダウンロードしてください。

その後、アーカイブを展開します。

bin フォルダーに groonga 実行ファイル があるのでそれを起動してください。

2.1.3. ソースからビルド

まずWindows上でGroongaをビルドするために必須のツールをインストールします。以下が必須のツールです。

zipアーカイブをpackages.groonga.orgからダウンロードしてください。

その後、アーカイブを展開します。

Groongaのソースフォルダへと移動します:

> cd c:\Users\%USERNAME%\Downloads\groonga-9.0.2

cmake でビルドオプションを設定します。以下のコマンドラインは64-bit用のGroongaをビルドするためのものです。32-bit用のGroongaをビルドする場合は代わりに -G "Visual Studio 12 2013" パラメーターを指定してください:

groonga-9.0.2> cmake . -G "Visual Studio 12 2013 Win64" -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=C:\Groonga

ビルド:

groonga-9.0.2> cmake --build . --config Release

インストール:

groonga-9.0.2> cmake --build . --config Release --target Install

以上の手順で groonga 実行ファイルc:\Groonga\bin\groonga.exe にインストールされます。