2.7. Oracle Linux#

このセクションではOracle Linux上でGroonga関連のRPMパッケージをインストールする方法を説明します。これらのパッケージは dnf でインストールできます。

64-bit用のパッケージのみ配布しています。

注釈

groonga パッケージは全文検索のための最小構成パッケージです。Groongaをサーバー用途で使うなら、設定済みの追加パッケージをインストールすることができます。

サーバー用途のための2つのパッケージがあります。

  • groonga-httpd (nginxを元にしたHTTPサーバー)

  • groonga-server-gqtp (GQTPサーバー)

詳細は サーバー を参照してください。

2.7.1. Oracle Linux 9#

インストール

% sudo dnf install -y https://apache.jfrog.io/artifactory/arrow/almalinux/9/apache-arrow-release-latest.rpm
% sudo dnf install -y https://packages.groonga.org/oracle-linux/9/groonga-release-latest.noarch.rpm
% sudo dnf install -y --enablerepo=ol9_codeready_builder groonga

MeCab をトークナイザーとして使いたいときは、groonga-tokenizer-mecabパッケージをインストールしてください。

groonga-tokenizer-mecabパッケージのインストール:

% sudo dnf install -y --enablerepo=epel groonga-tokenizer-mecab

2.7.2. Oracle Linux 8#

インストール

% sudo dnf install -y https://apache.jfrog.io/artifactory/arrow/almalinux/8/apache-arrow-release-latest.rpm
% sudo dnf install -y https://packages.groonga.org/oracle-linux/8/groonga-release-latest.noarch.rpm
% sudo dnf install -y --enablerepo=ol8_codeready_builder groonga

MeCab をトークナイザーとして使いたいときは、groonga-tokenizer-mecabパッケージをインストールしてください。

groonga-tokenizer-mecabパッケージのインストール:

% sudo dnf install -y --enablerepo=epel groonga-tokenizer-mecab

2.7.3. ソースからビルド#

Groongaをビルドするために必要なパッケージをインストールします:

% sudo dnf install -y https://packages.groonga.org/oracle-linux/8/groonga-release-latest.noarch.rpm
% sudo dnf install -y wget gcc-c++ make mecab-devel

ソースをダウンロードします:

% wget https://packages.groonga.org/source/groonga/groonga-13.0.1.tar.gz
% tar xvzf groonga-13.0.1.tar.gz
% cd groonga-13.0.1

configureを実行します( configure のオプションについては configure を参照してください):

% ./configure

ビルド:

% make -j$(nproc)

インストール

% sudo make install