5.1. サーバーパッケージ

groonga パッケージは全文検索を行うための最小構成のパッケージです。サーバー用途で使うために、設定済みのパッケージを追加でインストールすることができます。

サーバー用途の2つのパッケージがあります。

  • groonga-httpd (nginxをベースにしたHTTPサーバー)
  • groonga-server-gqtp (GQTP サーバー)

groongaがGQTPだけでなく、2つのHTTPサーバーパッケージをサポートしているのには理由があります。 GQTP - Groonga Query Transfer Protocol はオーバーヘッドを低減し、パフォーマンスを向上させるように設計されていますが、HTTPプロトコルほどクライアントライブラリのサポートがありません。HTTPは枯れたプロトコルなので既存のツールを活用できたり、多くのクライアントライブラリが存在します。(詳細は 関連プロジェクト を参照) groonga-httpd パッケージを使うと nginxの機能の恩恵を受けることができます。

最初は groonga-httpd パッケージを使うことをおすすめします。プロトコルのオーバーヘッドがパフォーマンス上問題となったら groonga-server-gqtp を検討してください。

注釈

In the previous versions, there is a groonga-server-http package (simple HTTP protocol based server package). It is now marked as obsolete, please use groonga-httpd packages instead. groonga-server-http package became a transitional package for groonga-httpd.

5.1.1. groonga-httpd

groonga-httpd はnginxをベースにしたHTTPサーバーパッケージです。

設定済みの内容:

項目 既定値
ポート番号 10041
アクセスログ /var/log/groonga/httpd/acccess.log
エラーログ /var/log/groonga/http-query.log
データベース /var/lib/groonga/db/*
設定ファイル /etc/groonga/httpd/groonga-httpd.conf

5.1.1.1. HTTPサーバーを起動

groonga HTTPサーバーを起動(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-httpd start

groonga HTTPサーバーを起動(Fedora):

% sudo systemctl start groonga-httpd

5.1.1.2. HTTPサーバーを終了

groonga HTTPサーバーを終了(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-httpd stop

groonga HTTPサーバーを起動(Fedora):

% sudo systemctl stop groonga-httpd

5.1.1.3. HTTPサーバーを再起動

groonga HTTPサーバーを再起動(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-httpd restart

groonga HTTPサーバーを再起動(Fedora):

% sudo systemctl restart groonga-httpd

5.1.2. groonga-server-gqtp

groonga-server-gqtpGQTP サーバーパッケージです。

項目 既定値
ポート番号 10043
プロセスログ /var/log/groonga/groonga-gqtp.log
クエリーログ /var/log/groonga/gqtp-query.log
データベース /var/lib/groonga/db/*

サーバー設定ファイル (Debian/Ubuntu):

/etc/default/groonga/groonga-server-gqtp

サーバー設定ファイル(CentOS):

/etc/sysconfig/groonga-server-gqtp

5.1.2.1. GQTPサーバーを起動

groonga GQTPサーバーを起動(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-server-gqtp start

groonga GQTPサーバーを起動(Fedora):

% sudo systemctl start groonga-server-gqtp

5.1.2.2. GQTPサーバーを終了

groonga GQTPサーバーを終了(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-server-http stop

groonga GQTPサーバーを終了(Fedora):

% sudo systemctl stop groonga-server-gqtp

5.1.2.3. GQTPサーバーを再起動

groonga HTTPサーバーを再起動(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-server-gqtp restart

groonga HTTPサーバーを再起動(Fedora):

% sudo systemctl restart groonga-server-gqtp

5.1.3. groonga-server-http

groonga-server-http は簡易HTTPサーバーパッケージです。

注釈

groonga-server-http package is the transitional package since Groonga 4.0.8. Please use groonga-httpd instead.

設定済みの内容:

項目 既定値
ポート番号 10041
プロセスログ /var/log/groonga/groonga-http.log
クエリーログ /var/log/groonga/http-query.log
データベース /var/lib/groonga/db/*

サーバー設定ファイル (Debian/Ubuntu):

/etc/default/groonga/groonga-server-http

サーバー設定ファイル(CentOS):

/etc/sysconfig/groonga-server-http

5.1.3.1. HTTPサーバーを起動

groonga HTTPサーバーを起動(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-server-http start

groonga HTTPサーバーを起動(Fedora):

% sudo systemctl start groonga-server-http

5.1.3.2. HTTPサーバーを終了

groonga HTTPサーバーを終了(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-server-http stop

groonga HTTPサーバーを終了(Fedora):

% sudo systemctl stop groonga-server-http

5.1.3.3. HTTPサーバーを再起動

groonga HTTPサーバーを再起動(Debian/Ubuntu/CentOS):

% sudo service groonga-server-http restart

groonga HTTPサーバーを再起動(Fedora):

% sudo systemctl restart groonga-server-http