7.23.19. grn_proc

7.23.19.1. Summary

TODO...

7.23.19.2. Example

TODO...

7.23.19.3. Reference

grn_proc_type

TODO...

grn_proc_func

TODO...

grn_obj *grn_proc_create(grn_ctx *ctx, const char *name, int name_size, grn_proc_type type, grn_proc_func *init, grn_proc_func *next, grn_proc_func *fin, unsigned int nvars, grn_expr_var *vars)

nameに対応する新たなproc(手続き)をctxが使用するdbに定義します。

Parameters:
  • name -- 作成するprocの名前を指定します。
  • name_size -- The number of bytes of name parameter. If negative value is specified, name parameter is assumed that NULL-terminated string.
  • type -- procの種類を指定します。
  • init -- 初期化関数のポインタを指定します。
  • next -- 実処理関数のポインタを指定します。
  • fin -- 終了関数のポインタを指定します。
  • nvars -- procで使用する変数の数を指定します。
  • vars -- procで使用する変数の定義を指定します。( grn_expr_var 構造体の配列)
grn_obj *grn_proc_get_info(grn_ctx *ctx, grn_user_data *user_data, grn_expr_var **vars, unsigned int *nvars, grn_obj **caller)

user_dataをキーとして、現在実行中の grn_proc_func 関数および定義されている変数( grn_expr_var )の配列とその数を取得します。

Parameters:
  • user_data -- grn_proc_func に渡されたuser_dataを指定します。
  • nvars -- 変数の数を取得します。
grn_rc grn_obj_set_finalizer(grn_ctx *ctx, grn_obj *obj, grn_proc_func *func)

objectを破棄するときに呼ばれる関数を設定します。

table, column, proc, exprのみ設定可能です。

Parameters:
  • obj -- 対象objectを指定します。
  • func -- objectを破棄するときに呼ばれる関数を指定します。