バージョン0.xのお知らせ

0.7.7リリース - 2010-08-25

改良

  • 編集距離(レーベンシュタイン距離)を計算する edit_distance ()関数の追加。
  • manを追加。
  • delete コマンドでデータの整合性が壊れる場合はエラー を返すようにした。
  • MeCabの辞書のエンコーディング検出処理を改善。
  • デフォルトの設定ファイルを追加。

修正

  • geo_in_rectangle ()関数が引数を「左上」と「右下」で はなく、「左下」と「右上」と扱っていた問題を修正。
  • 前方一致検索がマッチしない問題を修正。

0.7.6リリース - 2010-08-19

改良

  • デーモンになるときは標準出力を閉じるようにした。
  • PIDファイルを指定する --pid-path オプションを追加。
  • 設定ファイルを指定する --config-path オプションを追加。
  • 最大キャッシュ数を指定する --cache-limit オプションを追加。
  • 設定値を表示する --show-config オプションを追加。
  • 指定したファイルからコマンドを読み込む --file オプションを追加。
  • groongaとMeCabの辞書のエンコーディングが同じかどうかを確 認するようにした。
  • Web管理画面:
    • データロード機能を追加。
    • uptimeの表示形式を読みやすい形式に変更。
  • Muninプラグインの追加。
    • クエリパフォーマンス計測用
    • ディスク使用量計測用
  • libedit対応。
  • 存在しないデータベースを指定したときのエラーメッセージを改善。
  • loadコマンド:
    • 不正な文字を見つけた場合はログに出力。
    • 必要な項目がない場合はログに出力。
    • true/false/nullリテラルをサポート。
    • GeoPointの度での指定をサポート。 (例: "35.6954581363924,139.564207350021")
    • NO_KEYテーブルを参照しているカラム値をサポート。
    • 数値のベクタをサポート。
  • selectコマンド
    • 索引を用いた高速なGeoPointの検索機能を追加。
    • 索引を用いた高速なGeoPointのソート機能を追加。 (ただし複数のソートキーと一緒に使うことはできない。)
    • ベクタのGeoPointの出力に対応。
    • 不正な入力値に対してエラーを出力するようにした。
  • dumpコマンド:
    • フラグを数値ではなくキーワードで出力するように変更。
  • column_listコマンド:
    • _keyカラムの出力に対応。
  • deleteコマンド:
    • データに不整合が発生する場合はデータを削除しないように変更。
  • statusコマンド:
    • キャッシュ情報を追加。
  • データの整合性を確認するcheckコマンドの追加。
  • 強制的にロックを解除するclearlockコマンドの追加。
  • 最大キャッシュ数を指定するcache_limitコマンドの追加。
  • フラグメンテーションを解消するdefragコマンドの追加。
  • データ投入後のインデックスカラム作成に対応。

修正

  • 不正なsortキーを指定された場合はSEGVする問題の修正。
  • selectの出力に不正なカラムを指定された時にSEGVする問題を修正。
  • 空のベクタをloadするとSEGVする問題の修正。
  • メモリリークの修正。
  • drilldown時に参照先が存在しない場合にSEGVする問題の修正。

感謝

  • おばたさん